新庄監督、“お父さん”愛用のジャケット着用 野村克也さんしのぶ会

野村克也さんをしのぶ会で献花する日本ハムの新庄剛志監督=神宮球場で2021年12月11日午後0時2分、長谷川直亮撮影

 プロ野球のヤクルト、阪神などで監督を務め、に84歳で死去した野村克也さんをしのぶ会が11日、東京・神宮球場で開かれた。

野村克也さんをしのぶ会の会場の祭壇。生前の写真や着用したユニホームが飾られている=神宮球場で2021年12月11日午前9時54分、長谷川直亮撮影

 会には「ビッグボス」こと日本ハムの新庄剛志監督が参列し、独特の存在感を放った。野村さんが生前に愛用したグレーのジャケットと黒のタートルネックを身にまとい、祭壇へ花を投げる一幕も。それは「プロ野球のお父さん」と慕った野村さんへの特別な思いを込めた行動だった。

INTERFORM INC. インターフォルム 壁掛け時計 北欧 ウッド フレーム ナチュラル インテリア 木 ギフト Kino キーノ ウ,

 献花の際、10秒近く黙とうした新庄監督は「監督になりました。僕が。一番驚いているのは野村さんでしょうね」と心の中で語りかけた。その後、花は祭壇に置かず、遺影に向けるように軽く投げた。阪神時代に野村さんの勧めでオープン戦のマウンドに立ち、投打の「二刀流」に挑戦した新庄監督は「野村さんに(捕手として)受けてもらいたかった」と名残を惜しんだ。【岸本悠】

【法人・個人事業主様限定】紙せっけん 10枚入り×3セット×100個 その他避難生活用品 品多く

あわせて読みたい